産経ニュース

3頭しかいない「ハイブリッド警察犬」が活躍中 2つ以上を嗅ぎ分ける卓越した嗅覚

ニュース 社会

記事詳細

更新


3頭しかいない「ハイブリッド警察犬」が活躍中 2つ以上を嗅ぎ分ける卓越した嗅覚

銃器捜索訓練をする警視総監賞受賞のムーンロケット号 (宮川浩和撮影) 銃器捜索訓練をする警視総監賞受賞のムーンロケット号 (宮川浩和撮影)

 DNA型鑑定など科学捜査の進歩もあり、警察犬にはさまざまな現場での活躍が求められるようになった。

 警視庁は多様化するニーズに応えようと、平成26年から2つ以上の技能を持つハイブリッド犬の育成を開始。現在はムーンロケット号を含め3頭が活躍している。

 特定の臭いを覚えさせた後、別の技能習得に向けて訓練。最初に覚えた臭いについても反復訓練を繰り返すことが必要で、実戦レベルに達するには難易度が高い。担当者が犬の特性を見抜き、犬に合った訓練を行うことで早期の育成を目指している。

「ニュース」のランキング