産経ニュース

巨人・山口俊投手を書類送検 病院警備員への暴行容疑で 一部について「覚えていない」 警視庁

ニュース 社会

記事詳細

更新


巨人・山口俊投手を書類送検 病院警備員への暴行容疑で 一部について「覚えていない」 警視庁

巨人の山口俊投手 巨人の山口俊投手

 警視庁目黒署は18日、傷害と器物損壊の容疑で、プロ野球巨人の山口俊投手(30)を書類送検した。山口投手は調べに対し容疑をおおむね認めているが、一部について「覚えていない」と話しているという。

 送検容疑は7月11日未明、東京都目黒区の病院で、30代の男性警備員に体をぶつけるなどして腰と胸に軽傷を負わせた上、病院のドアを蹴って壊したとしている。

 同署や球団によると、山口投手は都内の飲食店で友人との飲食中にガラスで右手の甲を切り、病院に行った際、警備員とトラブルになったとみられる。

 球団は「事実関係を調査する」として、7月19日に山口投手の出場選手登録を抹消していた。

「ニュース」のランキング