産経ニュース

【平成30年史 変容する犯罪(5)】「落とす」取り調べ技術 可視化・黙秘権…捜査は激変、真相解明が阻害される懸念

ニュース 社会

記事詳細

更新

【平成30年史 変容する犯罪(5)】
「落とす」取り調べ技術 可視化・黙秘権…捜査は激変、真相解明が阻害される懸念

 今年6月中旬。東京・池袋の警察施設。屈強な男たちが机を挟んで向き合っていた。「取り調べ技能専科」と名付けられた刑事を集めた警視庁の研修だ。

 平成23年に始まった研修は年2回開催され、1回に50人が参加。中心は取り調べ役と容疑者役に分かれて模擬取り調べを行う、ロールプレーイング形式の講習だ。供述拒否権の説明はあったか、供述の誘導はないかがみられている。

 「年に100人が研修を受ける形だが、現場の刑事は忙しく各署でも学べるようDVDも作成している」(警視庁幹部)

 「取り調べにおける質問要領」と題されたDVDでは、「良い例」と「悪い例」を紹介している。

 良い例では、取り調べ開始前に容疑者役に体調や不安に感じることはないかを尋ねる。こうしたことで信頼関係を築き、自由に話させることで任意性を高めるとDVDは解説する。

 一方の悪い例では、取り調べ官が高圧的な質問を投げかける度に「誘導」「遮り」「強要」などの字幕が表示される。どの質問にどのような問題があるかが一目で分かるようにした。取り調べの技能伝承も映像学習に頼る時代になっているのだ。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング