産経ニュース

【産経女子特区】男も女も痴漢にうんざり! 6割超が被害経験も「やめて」言えた人は1割 怒り噴出「実名公表を」 疑われたら男性はどう対処?

ニュース 社会

記事詳細

更新

【産経女子特区】
男も女も痴漢にうんざり! 6割超が被害経験も「やめて」言えた人は1割 怒り噴出「実名公表を」 疑われたら男性はどう対処?

 薄着の夏は、イヤ~な痴漢が増える季節。アンケート調査で「電車で痴漢にあったことがある」と答えた女性は6割にのぼった。男性にも「痴漢と間違われて逮捕されたら…」という不安が広がる。痴漢の疑いをかけられて線路に逃走するケースが相次ぎ、横浜市では5月、電車にはねられて死亡する事件が起きた。男女ともトラブル防止にはどうしたらいいか。あの手この手の取り組みを追った。

ショックで動けず駅員が保護、学校で泣き伏す子も    

 「満員で動けない車内で痴漢にあいました。びっくりして、ただ怖くて声も出せませんでした…」

 埼玉県の私立女子校、浦和麗明高校に電車通学する女子生徒A子さん(16)は、時折うつむきながらもまっすぐな瞳で訴えた。制服をきちんと着用し、髪をキリリと結い上げる姿から、まじめな性格がにじみ出た。

 最初に痴漢にあったのは、入学して初めての夏。3日続けて被害にあった。

 「もぞもぞとスカートの上からお尻を触られました。いずれもスーツ姿で若い感じの男の人でした。3回目は、ホームの階段を下りているときにお尻を触られた。こっちは外国人のように見えました。本当に、気持ち悪かったです」

続きを読む

このニュースの写真

  • 男も女も痴漢にうんざり! 6割超が被害経験も「やめて」言えた人は1割 怒り噴出「実名公表を」 疑われたら男性はどう対処?
  • 男も女も痴漢にうんざり! 6割超が被害経験も「やめて」言えた人は1割 怒り噴出「実名公表を」 疑われたら男性はどう対処?
  • 男も女も痴漢にうんざり! 6割超が被害経験も「やめて」言えた人は1割 怒り噴出「実名公表を」 疑われたら男性はどう対処?
  • 男も女も痴漢にうんざり! 6割超が被害経験も「やめて」言えた人は1割 怒り噴出「実名公表を」 疑われたら男性はどう対処?

「ニュース」のランキング