産経ニュース

埼玉・上尾の障害者施設熱中症死 複数職員気づくも確認怠り…「内部の統制ミス」と上田清司知事

ニュース 社会

記事詳細

更新


埼玉・上尾の障害者施設熱中症死 複数職員気づくも確認怠り…「内部の統制ミス」と上田清司知事

 埼玉県上尾市戸崎の障害者支援施設「コスモス・アース」で送迎車に取り残された知的障害のある同市の男性(19)が熱中症とみられる症状で死亡した事故で、事故のあった13日に男性の不在に気付いた職員が複数いたことが25日、分かった。上田清司知事が定例会見で公表。事故原因について「内部の統制ミスだ」と指摘した。

 県によると、25日までに職員への聞き取り調査を3回実施。13日に勤務していた15人中14人から話を聞き、複数人が男性の不在に気付いていたことが分かった。また、施設で働いている運転手4人中3人は送迎時以外も施設で生活支援員の仕事などをしていたというが、13日に担当した男性運転手(73)は送迎時以外は自宅で待機していたという。

 県は、運転手が確認を怠った上、男性の不在に気付いた職員がいても確認しなかったことで事故が起こったとみている。上田知事は「所在が分からない方がいたのに追っかけをしていなかった。内部のコントロールミスだ」と指摘した。

 今後、県は施設の資料をさらに調べるなどし、施設への処分や再発防止策を検討する方針だ。

「ニュース」のランキング