産経ニュース

【東京五輪】五輪に向けテロ対処の海上訓練 警視庁と海上保安庁

ニュース 社会

記事詳細

更新

【東京五輪】
五輪に向けテロ対処の海上訓練 警視庁と海上保安庁

不審船を追跡する海上保安庁のゴムボート=24日午後、東京都江東区(桐原正道撮影) 不審船を追跡する海上保安庁のゴムボート=24日午後、東京都江東区(桐原正道撮影)

 2020年東京五輪の開幕まで3年となった24日、警視庁と海上保安庁は、ボートなどの水上競技の会場に近い東京湾や有明客船ターミナル(東京都江東区)でテロ対処合同訓練を実施した。

 訓練は、東京湾を警戒中の東京湾岸署の警備艇が、ボートとカヌー・スプリントが開催される「海の森水上競技場」付近でテロリストの乗った不審船2隻を発見したと想定。二手に分かれて逃走する不審船を海保と協力して追跡し、一方は海保の特別警備隊が船に飛び移って制圧。もう一方はターミナルに上陸したテロリストを、機動隊や警備犬が取り押さえた。

 水上競技場の警備は海上と陸上の連携が重要となる。同署の宮崎勉署長は「残された3年間で各関係機関と連携を深めて、五輪を成功させるため努力していく」と話した。

このニュースの写真

  • 五輪に向けテロ対処の海上訓練 警視庁と海上保安庁
  • 五輪に向けテロ対処の海上訓練 警視庁と海上保安庁

「ニュース」のランキング