産経ニュース

【沖縄2紙の不法写真掲載問題】21日付でまたも掲載 防衛局の要請無視

ニュース 社会

記事詳細

更新

【沖縄2紙の不法写真掲載問題】
21日付でまたも掲載 防衛局の要請無視

またもや不法に撮影された写真を掲載した21日付の沖縄タイムス(右)と琉球新報の紙面(高木桂一撮影) またもや不法に撮影された写真を掲載した21日付の沖縄タイムス(右)と琉球新報の紙面(高木桂一撮影)

 沖縄県紙の「琉球新報」と「沖縄タイムス」が21日付紙面で、立ち入りが禁止されている臨時制限区域内で基地建設反対派が不法に撮影した写真を掲載したことが、防衛省沖縄防衛局への取材で分かった。両紙は14日付、19日付でも基地反対派が米軍施設・区域内で不法撮影した写真とその情報に基づく記事を掲載した。防衛局は20日、両紙を含む沖縄県政記者クラブ加盟全社に、不法行為から得た情報を基にした報道の自制を文書で要請したばかりだが、これが無視された。

 琉球新報と沖縄タイムスはそれぞれ21日付の30面と28面で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、沖縄防衛局が米軍キャンプ・シュワブ沿岸部のK9護岸建設予定地付近に設置したオイルフェンスが、海底を損傷されている可能性があると報じた。写真は、基地反対派の「カヌーチーム」と「市民」が20日に撮影し、現場の状況に関する情報とともに両紙にそれぞれ提供したとされている。

 両紙が掲載した写真について防衛局は21日、産経新聞の取材に対し「撮影場所についてほぼ特定し、臨時制限区域内であることを確認した」として、不法に撮影されたものと断定したことを明らかにした。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング