産経ニュース

ゴールデン街放火、67歳被告に懲役3年6月の実刑判決 「不特定多数に被害を生じさせかねなかった」 東京地裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


ゴールデン街放火、67歳被告に懲役3年6月の実刑判決 「不特定多数に被害を生じさせかねなかった」 東京地裁

春名弘被告(福島範和撮影) 春名弘被告(福島範和撮影)

 東京・歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」で昨年4月に起きた放火事件で、非現住建造物等放火と建造物侵入の罪に問われた無職、春名弘被告(67)の判決公判が20日、東京地裁で開かれた。駒田秀和裁判長は「極めて危険な犯行」として、懲役3年6月(求刑懲役4年)を言い渡した。

 判決で駒田裁判長は「現場は200軒以上の飲食店が密集しており、不特定多数の人に被害を生じさせかねなかった」と指摘。春名被告は放火について無罪を主張していたが、駒田裁判長は「建物に侵入した時点では異常がなく、ほかの人物による放火の可能性はない」と結論づけた。

 判決によると、昨年4月12日午後1時20分ごろ、火元になった建物2階の空き店舗に侵入し、何らかの方法で火を付けたとしている。隣接する3店舗に燃え移り、60代の女性が軽いけがをした。

「ニュース」のランキング