産経ニュース

振り込め詐欺 「カード受け取り型」急増 目立つ百貨店員装う手口 静岡

ニュース 社会

記事詳細

更新


振り込め詐欺 「カード受け取り型」急増 目立つ百貨店員装う手口 静岡

静岡県警浜松中央署が配布している詐欺注意喚起のチラシ(吉沢智美撮影) 静岡県警浜松中央署が配布している詐欺注意喚起のチラシ(吉沢智美撮影)

 今年に入り目立つのが「遠鉄百貨店」の従業員をかたる手口だ。まず同百貨店の従業員を名乗る男が「あなた名義のカードで買い物をしている人がいる」などと電話を掛け、銀行協会職員をかたる別の男が「担当者がカードを取りに行くので暗証番号を教えてほしい」と要求。その後、受け取り役の男が自宅を訪れてカードを持ち去るというものだ。

 県警生活安全企画課は「自分のお金を守らなくてはという危機意識につけ込んだ犯行で、電話から受け取りまでの時間が短く、考えるいとまを与えないのが特徴」と話す。

 同課の夏目敏孝課長は「犯人グループが持っている名簿には県内に住む約9万人の名前や住所が登録されている。詐欺電話は必ず掛かってくると思った方がいい」とした上で、「突然不幸のどん底に突き落とされたり、お金やキャッシュカードの話になったら間違いなく詐欺と思ってほしい」と注意を呼び掛けている。

「ニュース」のランキング