産経ニュース

神奈川県内ハイエース被害、今年すでに100台超 “人気銘柄”相次ぐ盗難

ニュース 社会

記事詳細

更新


神奈川県内ハイエース被害、今年すでに100台超 “人気銘柄”相次ぐ盗難

貨物用のバンタイプのハイエース=横浜市(写真は一部加工処理しています) 貨物用のバンタイプのハイエース=横浜市(写真は一部加工処理しています)

 鎌倉交響楽団の山本賢二団長(76)は「楽器は何十年もかけて集めたものだったのに」と肩を落とす。1月中旬に川崎市中原区で盗まれたハイエースにも、アマチュア楽団の楽器が積まれていたが、捜査関係者は「楽器被害は偶然で、あくまでハイエースがターゲットだろう」との見方を示す。

 同県鎌倉市では6月23日にも、会社敷地内の駐車場でハイエース1台が盗まれた。鎌倉交響楽団の被害があった駐車場から、わずかに100メートルほどの場所だったという。

 海外で高い需要

 県警によると、県内では1月から5月末までの間、約350台の自動車が盗まれた。車種別では、ハイエースが最も多く、被害は100台以上にのぼるという。国内での盗難被害は約15年前から目立ち始め、トヨタは平成24年5月発売分から、専用の電子キー以外ではエンジンの始動ができない盗難防止装置「イモビライザー」を全車に標準装備した。捜査関係者によると、これ以降、被害は減少傾向にあるものの、沈静化には至っていない。

続きを読む

このニュースの写真

  • 神奈川県内ハイエース被害、今年すでに100台超 “人気銘柄”相次ぐ盗難

「ニュース」のランキング