産経ニュース

【謎の着信】「怪しい、、、、」パプアニューギニア「675」着信 芸能人やアスリートにも

ニュース 社会

記事詳細

更新

【謎の着信】
「怪しい、、、、」パプアニューギニア「675」着信 芸能人やアスリートにも

パプアニューギニアからの不審な国際電話着信への注意を呼びかけるソフトバンクのホームページ パプアニューギニアからの不審な国際電話着信への注意を呼びかけるソフトバンクのホームページ

 携帯電話に「+675」で始まるパプアニューギニアからの不審な国際電話が相次いでいる問題で、ツイッターなどでは電話を受けた人たちの間で動揺が広がっている。俳優やスポーツ選手など著名人にも着信があったという。

 「全く見覚えないぞ!!なんだこれ、、、、、怪しい、、、、」

 タレントのアレクサンダーさん(34)は自身のブログで6月29日、不審電話があったことを報告した。そして、「絶対かけ直さないぞ~!!」と綴った。

 ほかにも、リオデジャネイロ五輪日本代表陸上選手のウォルシュ・ジュリアンさん(20)はツイッターで早朝に着信があったことを明かし、「フレンドリーすぎ」とした。

 俳優の井澤勇貴さん(24)も同様に「何事?パプアニューギニア人の友達いないはずなんだけど。」とつぶやいた。

 不審電話は6月末ごろから相次いでいる。

 ソフトバンクがいくつかの発信元を確認したところ、無言電話や自動音声が流れるなどしたため、通話目的の電話ではないと判断し、日本からパプアニューギニアあての発信が急増していたこともあり、ホームページでの注意喚起という異例の対応に踏み切った。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「怪しい、、、、」パプアニューギニア「675」着信 芸能人やアスリートにも

「ニュース」のランキング