産経ニュース

老人ホームで84歳の女性入所者殴り鼻骨折 元職員を傷害容疑で逮捕

ニュース 社会

記事詳細

更新


老人ホームで84歳の女性入所者殴り鼻骨折 元職員を傷害容疑で逮捕

 勤務先の老人ホームで入所者の高齢女性にけがを負わせたとして、群馬県警富岡署などは4日、傷害の疑いで、同県富岡市南蛇井の元老人ホーム職員、神戸佑介容疑者(30)を逮捕した。神戸容疑者は6月30日に依願退職している。

 調べに対し容疑を認め「殴ったことは間違いない」と話している。

 逮捕容疑は5月30日午前7時ごろ、同市星田の住宅型有料老人ホーム「ウェルネステラス富岡」で、入所者の女性(84)の顔を殴打し、鼻の骨を折る全治30日間の重傷を負わせたとしている。

 同署によると、神戸容疑者は29日夜から30日朝まで勤務し女性を介護、夜勤は2~3人で行われていたという。ホームの入所者は6月12日現在で74人。

 また、平成23年から入所している女性は要介護5と認定されていた。意思を表現できず、介護なしには日常生活を送れない状態だったという。

 同市によると5月31日、市に「ウェルネステラス富岡で入所者の女性が虐待されている」と通報があり、同日中に調査を行ったところ女性の顔にあざがあるのを確認。その際、ホームの職員は「介護の途中でどこかにぶつけたのではないか」と話していたという。6月8日になって、同署へ通報した。

 県によると、市と共同で調査する12日までに、当時勤務していた職員が限られたことなどから神戸容疑者が浮上していた。

 神戸容疑者は介護士の資格を持ち、25年12月から勤務していたという。同署が余罪や動機を調べている。

「ニュース」のランキング