産経ニュース

住宅でつぼや湯飲みなど陶器26点計6千万円分窃盗被害 時価500万円以上の作品も 宇都宮

ニュース 社会

記事詳細

更新


住宅でつぼや湯飲みなど陶器26点計6千万円分窃盗被害 時価500万円以上の作品も 宇都宮

 宇都宮中央署は30日、宇都宮市桜の会社役員男性(66)宅から陶器類計26点、約6170万円相当が盗まれたと発表した。窃盗容疑で捜査している。

 署によると、被害品は、陶芸家の加守田章二と栗木達介が制作したつぼや湯飲みなどで、時価500万円以上の作品もあった。自宅の納戸で保管しており、最後に確認した昨年1月中旬ごろ以降、今月28日午後9時半ごろまでの間に盗まれたとみられる。

 男性は妻、母親との3人暮らし。被害品はいずれも母親の所有だったという。

 現場は東武宇都宮駅から北西約1キロの住宅街。

「ニュース」のランキング