産経ニュース

【池袋暴走事故】被告の医師に懲役5年の実刑判決 東京地裁「発作の危険性を軽視」指摘

ニュース 社会

記事詳細

更新

【池袋暴走事故】
被告の医師に懲役5年の実刑判決 東京地裁「発作の危険性を軽視」指摘

 東京都豊島区南池袋の路上で平成27年8月、てんかん発作で意識障害となり、乗用車を暴走させて人を死傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪に問われた精神科医、金子庄一郎被告(55)の判決公判が27日、東京地裁で開かれた。家令和典裁判長は「てんかん発作が起きる危険性を軽視しながら運転していた」と指摘し、懲役5年(求刑同8年)の実刑を言い渡した。

 弁護側は「発作を抑える薬を飲んでおり、てんかん発作は予知できなかった」として、危険運転の故意が成立せず、同罪には当たらないなどと主張していた。

 しかし家令裁判長は「自身も医師として、てんかんについて一般の人より知識を持っていた上、過去にも発作を経験しており、医師から運転しないよう注意されてきたのに運転を続けてきた。厳しい非難は免れない」と指摘した。

 判決によると、金子被告は27年8月16日、池袋駅東口地下駐車場から車を発進させた直後、てんかんの発作で意識障害に陥り歩道上を暴走。歩行者らをはね、東京都板橋区の薬剤師、江幡淑子さん=当時(41)=を死亡させた上、4人に重軽傷を負わせた。

 江幡さんの父、龍司さんは判決後、「娘が亡くなったことに変わりはない。歳月がたつにつれて胸の痛みが大きくなるばかりです」「金子被告には判決を素直に受け入れ、事故について深く考え、いつ、どこで、どんな考え違いをして、何が、どうしてしまったのか本当の意味で反省してほしいです」などとするコメントを代理人弁護士を通じて発表した。

「ニュース」のランキング