産経ニュース

かけ子・受け子・シナリオ「全部オレ」 “劇場ひとり”と呼ばれた男、前橋地裁で初公判 被害額8千万円超の手口と背景

ニュース 社会

記事詳細

更新


かけ子・受け子・シナリオ「全部オレ」 “劇場ひとり”と呼ばれた男、前橋地裁で初公判 被害額8千万円超の手口と背景

 被害者に電話する「かけ子」、現金を受け取る「受け子」、シナリオの作成役-。今や組織犯罪の典型といえる特殊詐欺は細分化された役割が特徴だが、すべてを1人でこなした男の公判が前橋地裁で始まった。「数え切れないほどだまし取ってきた」と語る男は、手口から「劇場ひとり」と呼ばれ、被害総額は8000万円をくだらないとみられる。その手口と背景は-。(吉原実)

国税局職員名乗る

 詐欺容疑で県警に再逮捕され5月2日に起訴されたのは、群馬県みなかみ町出身で住所不定、無職の本多努被告(54)。起訴状によると、本多被告が、同県昭和村で農業を営む被害男性A=当時(61)=をだますためにひねり出した手口は、「現金運搬のためのセキュリティー費用」だった。

 昨年11月17日、Aさん宅の電話が鳴った。国税局職員「オカダ」を名乗り、国税局内にAさんの現金4500万円が保管されていて返却したいが、運搬には警備が必要で、経費11万円を沼田市の会社役員Bに預け、元国税局職員「セキネ」に手渡してほしいと伝えた。Aさんは現金12万円を役員Bに預け、JR大宮駅でBの交通費を引いた11万円がセキネに渡った。もちろん現金など保管されていない。

続きを読む

関連ニュース

「ニュース」のランキング