産経ニュース

子供の指挟みや転落…ベビーカーや自転車事故に注意 5年間で60件

ニュース 社会

記事詳細

更新


子供の指挟みや転落…ベビーカーや自転車事故に注意 5年間で60件

人形によるベビーカーの指挟み事故の再現(NITE提供) 人形によるベビーカーの指挟み事故の再現(NITE提供)

 製品評価技術基盤機構(NITE)は22日、子供がベビーカーや自転車で指を挟んだり、転落したりする屋外での事故が、平成27年度までの5年間に少なくとも60件起きているとして、注意を呼び掛けた。このうち24件は、骨折などの重傷だった。

 内訳は、ベビーカーの開閉時に子供の指を挟む事故が8件で最多。次いで、ベビーカーのベルトが緩んで子供が落下する事故と、自転車の幼児用座席の足乗せが劣化して破損し、足が車輪に巻き込まれる事故がいずれも6件だった。

 27年5月には大阪府で、スロープと歩道の高さ1センチ未満の段差に当たったベビーカーが前転して乳児が落下、頭の骨を折るけがをした。ハンドルのロックが不十分だったため、段差に当たった衝撃によって緩み、倒れ込むのを止められなかったという。

 NITEは「ベビーカーの開閉時は、子供の手に注意を。ハンドルやベルトのロックは使うたび確認をしてほしい」としている。

このニュースの写真

  • 子供の指挟みや転落…ベビーカーや自転車事故に注意 5年間で60件

「ニュース」のランキング