産経ニュース

放射能検査を装う 女児の体触った男初公判 容疑認め涙 類似の漫画作者に県警申し入れ

ニュース 社会

記事詳細

更新


放射能検査を装う 女児の体触った男初公判 容疑認め涙 類似の漫画作者に県警申し入れ

 放射能の検査を装って女子小学生の家に侵入し体を触るなどの犯行を繰り返していたとして、住居侵入と強制わいせつの罪に問われた埼玉県草加市北谷の無職、矢崎勇也被告(35)の初公判が22日、さいたま地裁(石川慧子裁判官)であり、矢崎被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 検察側が読み上げた起訴内容を聞きながら涙を流した矢崎被告は犯行当時、妻子がいたというが、自転車で追い抜きざまに小学校高学年くらいの女児の体を触るなどの犯行を30~40件繰り返していたという。

 放射能の検査を装って強制わいせつをしたとされる事件については、犯行内容に類似した成人向け漫画同人誌があり、矢崎被告もその作品を読んでいたことから、埼玉県警が作者を訪問して「模倣される可能性があることや社会に与える影響を考慮してください」と申し入れた。

 これに対し、作者はSNSで「『表現の自由が侵された』とか『警察の圧力に屈した』とか『前例ができた』とかいう類の話だとは思ってほしくない」「『こんな事件2度と起こらなければいいのに』という気持ちは同じ」などとコメントしている。

続きを読む

「ニュース」のランキング