産経ニュース

秋田・女性襲ったクマ、特定へ 毛をDNA分析

ニュース 社会

記事詳細

更新


秋田・女性襲ったクマ、特定へ 毛をDNA分析

 秋田県は、仙北市の山林で5月に女性がツキノワグマに襲われたとみられる死亡事故を受け、犠牲者に付着していた獣毛のDNA分析を県立大に依頼した。現場周辺では事故後、熊2頭が捕獲されており、県はDNAを照合して、加害熊の特定と駆除に役立てる考えだ。

 県自然保護課によると、毛は県警仙北署が採取し、科学捜査研究所が人の毛でないと確認。2本が県に提供された。

 事故は5月27日、同県仙北市田沢湖玉川の山林で発生。タケノコ採りに入った女性(61)が頭部などに傷を負って死亡した。

 県内では昨年5~6月に4人が相次いで熊に襲われ死亡。これを受け、県は本年度から熊対策にDNA分析を導入した。

「ニュース」のランキング