産経ニュース

【福知山線脱線事故】JR西3社長の無罪確定へ 最高裁、過失認めず

ニュース 社会

記事詳細

更新

【福知山線脱線事故】
JR西3社長の無罪確定へ 最高裁、過失認めず

尼崎JR脱線事故で強制起訴されたJR西日本歴代3社長(左から)井手正敬氏、南谷昌二郎氏、垣内剛氏 尼崎JR脱線事故で強制起訴されたJR西日本歴代3社長(左から)井手正敬氏、南谷昌二郎氏、垣内剛氏

 指定弁護士側は、3社長が(1)現場カーブの急曲線化工事(2)過去の他社での脱線事故(3)ダイヤ改正による快速電車の増発-などを認識しており、「事故を予見できた」と主張していた。

 これらの事情について、小貫芳信裁判官は補足意見で「現場カーブの危険性やATS設置の必要性の認識に直ちに結びつくとはいえず、現場カーブでの事故発生についての予見可能性を認めることは困難」と指摘した。

 検察審査会の議決を経てこれまでに強制起訴された9事件13人のうち、3社長を含む5事件7人が無罪と免訴だった。

関連ニュース

「ニュース」のランキング