産経ニュース

「自分の知名度上げたかった」身代金要求型ウイルス作成容疑で大阪の中3を逮捕 神奈川県警

ニュース 社会

記事詳細

更新


「自分の知名度上げたかった」身代金要求型ウイルス作成容疑で大阪の中3を逮捕 神奈川県警

男子生徒が作成したランサムウエアに感染すると表示されるパソコンの画面 男子生徒が作成したランサムウエアに感染すると表示されるパソコンの画面

 パソコンのデータを暗号化して読めなくし復旧のために金銭を要求するウイルス「ランサム(身代金)ウエア」を作成したなどとして、神奈川県警サイバー犯罪対策課は5日、不正指令電磁的記録作成などの容疑で、大阪府高槻市の市立中学3年の少年(14)を逮捕した。

 少年は「ウイルスは、インターネット上で無料配布されている暗号化ソフトを複数組み合わせて自作した」などと容疑を認めている。同課によると、ランサムウエア作成容疑の立件は全国で初めて。

 少年のランサムウエアは、ダウンロードをしただけでは被害は出ず、ダウンロードした人が暗号化したいファイルを任意で選択できるほか、身代金を要求する文面も自由に変えることができた。

 少年は「自分の知名度を上げたかった」とも供述しているといい、同課はウイルスの配布自体が目的だったとみて、詳しい経緯を調べている。

 逮捕容疑は1月6日、自宅のパソコンを使ってランサムウエアを作成、保管したとしている。

 1月に同課のサイバーパトロールで事件が発覚。少年は、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上に「ランサムウエアを作ったよ。自由に使って」などとコメントを付けてURL(ウェブサイトのアドレス)を投稿し、海外サイトに誘導したうえでダウンロードさせていたとみられる。「100人以上がダウンロードした」と供述しているが、これまでのところ金銭被害などは確認されていないという。

「ニュース」のランキング