産経ニュース

「在特会」記事で稲田朋美防衛相の敗訴確定

ニュース 社会

記事詳細

更新


「在特会」記事で稲田朋美防衛相の敗訴確定

報道陣の取材に応じる稲田朋美防衛相=29日午前、東京都新宿区の防衛省(古厩正樹撮影) 報道陣の取材に応じる稲田朋美防衛相=29日午前、東京都新宿区の防衛省(古厩正樹撮影)

 在日特権を許さない市民の会(在特会)と近い関係にあると報じた週刊誌「サンデー毎日」の記事で名誉を傷つけられたとして、稲田朋美防衛相が発行元の毎日新聞社に損害賠償などを求めた訴訟は、稲田氏敗訴の2審判決が確定した。最高裁第3小法廷(木内道祥裁判長)が5月30日付で、稲田氏の上告を退ける決定をした。

 確定判決によると、平成26年9月発売のサンデー毎日は、在特会がヘイトスピーチ活動をする団体だと指摘した上で、稲田氏の資金管理団体が、会幹部に近い人物から寄付を受けていたなどとする記事を載せた。

 稲田氏は「ヘイトスピーチを容認している印象を与える」と主張したが、1審大阪地裁判決は「記事の重要部分は真実で、人身攻撃には当たらない」と退け、2審大阪高裁も支持した。

「ニュース」のランキング