産経ニュース

【千葉・9歳女児殺害】殺人や強制わいせつ致死罪などで起訴 元保護者会長、供述拒み続け捜査終結

ニュース 社会

記事詳細

更新

【千葉・9歳女児殺害】
殺人や強制わいせつ致死罪などで起訴 元保護者会長、供述拒み続け捜査終結

5月6日、送検のため千葉県警我孫子署を出る渋谷恭正被告 5月6日、送検のため千葉県警我孫子署を出る渋谷恭正被告

 千葉県我孫子市で同県松戸市に住むベトナム国籍の小学3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)の遺体が見つかった事件で、千葉地検は26日、殺人と強制わいせつ致死、わいせつ略取誘拐、死体遺棄の罪で、リンさんの通った小学校の元保護者会長で不動産賃貸業、渋谷恭正容疑者(46)=同県松戸市六実=を起訴した。今後、裁判員裁判で審理される。

 捜査関係者によると、渋谷被告は逮捕から一貫して供述を拒否しているというが、遺体の遺留物のDNA型が被告のものと一致したほか、被告の軽乗用車に残された毛髪や血痕のDNA型がリンさんのものと一致したことなどから殺人罪などに問えると判断した。一連の事件の捜査は終結した。

 起訴状などによると、渋谷被告は3月24日、自宅付近の路上でリンさんにわいせつな行為をしようと企て、自らが運転する軽乗用車に乗せて連れ去ってその後わいせつな行為に及び、リンさんの首を圧迫し、窒息死させた。また、同日、リンさんの遺体を我孫子市の排水路脇の草むらに遺棄した。

「ニュース」のランキング