産経ニュース

【加計学園】名前もじって「奇兵隊、前へ!」 前川喜平前文科事務次官は型破り、小泉改革批判も

ニュース 社会

記事詳細

更新

【加計学園】
名前もじって「奇兵隊、前へ!」 前川喜平前文科事務次官は型破り、小泉改革批判も

記者会見で質問に聞き耳を立てる文科省の前川喜平前事務次官=25日午後、東京・霞が関 記者会見で質問に聞き耳を立てる文科省の前川喜平前事務次官=25日午後、東京・霞が関

 加計学園の獣医学部新設計画を巡る記録文書の存在を証言した文部科学省の前川喜平前事務次官(62)は、省内では早くから次官候補と評されたエリート官僚だったが、時に政府方針に異を唱えるなど型破りな面も。文科省の組織的天下り問題では、直接関与したと認定され、次官就任から半年余りで引責辞任した。

 昭和54年に東大を卒業し当時の文部省に入省した。義務教育など初等中等教育の専門家。平成17年、公立小中学校の教職員給与の国負担分を2分の1から3分の1に引き下げた小泉政権の三位一体改革では、自身の名前をもじった「奇兵隊、前へ!」と題したブログで「政治的な圧力の弱い分野が狙われている」と批判し“抵抗勢力”とも目された。

 与謝野馨文相(当時)の秘書官を務めたほか、中曽根弘文元文相と親類関係もあり、政界と太いパイプを持つことでも知られた。若手官僚と教育行政について熱心に議論するなど、省内の信望は厚かった。

関連トピックス

「ニュース」のランキング