産経ニュース

亀田製菓の煎餅に金属片 食べた女児、口内にけが

ニュース 社会

記事詳細

更新


亀田製菓の煎餅に金属片 食べた女児、口内にけが

 亀田製菓(新潟市)の煎餅「ソフトサラダ」に繊維状の金属片が混入し、商品を4月に食べた宮城県の小学生の女児が口の中をけがしていたことが24日、同社への取材で分かった。

 同社によると、4月3日に女児側から申し出があり判明。金属片は長さ12・3ミリ、直径0・3ミリで、工場の配管を洗浄するブラシの一部と分かった。女児のけがの程度は「ひどいものではなかった」としている。

 問題の商品は水原工場(新潟県阿賀野市)で3月13日に製造された。ほかの商品への混入は確認されず、原因も判明しているとして同時期に製造された商品は回収していない。女児側には水原工場の工場長らが謝罪した。同社は24日付で「保健所に状況を報告しながら対応してきた。製造工程を確認した上で拡大性がないと判断しており、現在も同様の申し出はない」と発表した。

「ニュース」のランキング