産経ニュース

「残業代払え!」真宗大谷派僧侶が怒りの激白 過労死ライン超える130時間の月も…「まるでモノ扱い」

ニュース 社会

記事詳細

更新


「残業代払え!」真宗大谷派僧侶が怒りの激白 過労死ライン超える130時間の月も…「まるでモノ扱い」

僧侶への残業代が支払われていなかった東本願寺境内の同朋会館=京都市下京区 僧侶への残業代が支払われていなかった東本願寺境内の同朋会館=京都市下京区

 大谷派の担当者は「補導のシフト管理はできていたが、(いつからいつまで働いていたかという)時間管理ができていなかった」と説明。「補導はこれまで、僧侶の自己研鑽の一部としても行われてきた歴史があり、時間外の管理はなされてこなかった。伝統に甘えていた部分があったと思う」と語る。現在はタイムカードの導入の是非などを含め、働き方の見直し作業を進めているという。

 一方で、担当者は「例えば、僧侶の仕事を午後5時までと規定したとしても、急に悩み相談などの電話がかかってくれば『仕事は5時までですから』と断ることはできない。僧侶の業務はどこまでを労働とみなすか、線引きが難しいとも感じている」とも漏らす。

 ワークライフバランスの波はお坊さんといえども例外ではないようだ。

「ニュース」のランキング