産経ニュース

「突然、血まみれの2人が入ってきて…」日曜の公園が騒然 「殺してやる」叫びながら団地階段下りる 千葉の通り魔事件 

ニュース 社会

記事詳細

更新


「突然、血まみれの2人が入ってきて…」日曜の公園が騒然 「殺してやる」叫びながら団地階段下りる 千葉の通り魔事件 

刺された男性を介抱した際、血がついてしまったユニホーム。この男性も容疑者にバットで殴られた=5月21日午後2時40分ごろ、千葉県松戸市常盤台(橘川玲奈撮影) 刺された男性を介抱した際、血がついてしまったユニホーム。この男性も容疑者にバットで殴られた=5月21日午後2時40分ごろ、千葉県松戸市常盤台(橘川玲奈撮影)

 「血まみれの2人が入ってきて、何が何だか分からなかった」。千葉県松戸市の公園で起きた殺人未遂事件。日曜日の白昼、公園にいた人たちが、包丁やバットで次々に襲われた。柴田法雄容疑者と包丁で切りつけられた男性は血まみれの状態だったという。突然の出来事に周囲は一時騒然となった。

 近くに住む男性会社員(27)によると、柴田容疑者は、公園西側にある団地の5階から「殺してやる」などと叫びながら階段を下り、公園に向かったという。「ベランダにいたら突然怒号が聞こえ、びっくりした」(男性会社員)。

 その後、柴田容疑者は70代の男性を持っていた包丁で切りつけたとみられる。男性が柴田容疑者から包丁を奪い、血まみれとなった2人は公園の南西側から野球場のグラウンドに入ってきたという。

続きを読む

「ニュース」のランキング