産経ニュース

陸自機が連絡途絶える 函館空港西方 4人搭乗、急患輸送で出動中

ニュース 社会

記事詳細

更新


陸自機が連絡途絶える 函館空港西方 4人搭乗、急患輸送で出動中

陸自の固定翼機「LR-2」。長距離の航空偵察などでも運用されている 陸自の固定翼機「LR-2」。長距離の航空偵察などでも運用されている

 15日午前11時47分ごろ、陸上自衛隊北部方面航空隊所属のLR2連絡偵察機1機が、北海道函館市の函館空港西方約30キロを飛行中、レーダーから消え、管制官との連絡が途絶えた。緊急患者の搬送に向かう途中だった。同機には男性自衛官4人が搭乗。墜落した可能性があるとみて、自衛隊が約900人の人員を投入し捜索している。

 防衛省によると、搭乗していたのは同航空隊の機長、高宮城効1等陸尉(53)▽副操縦士、柳田智徳3等陸佐(41)▽整備士、岡谷隆正2等陸曹(42)▽同、玉木宏伸3等陸曹(28)。連絡が途絶える前に機体異常などの報告はなかった。

 LR2は北海道知事の災害派遣要請に基づき、午前11時23分に札幌市の丘珠空港を離陸。同50分に函館空港に着陸し、函館市内の病院に入院していた患者や医師、付添人を乗せて丘珠空港に戻る予定だった。

 連絡が途絶えた地点は厚沢部(あっさぶ)町の鶉(うずら)ダム周辺の山中で、視界が悪く計器の指示で飛行する方式で着陸体勢に入っていたとみられる。

 捜索は厚沢部町と北斗市にまたがる山林付近を中心に実施。搭載燃料では午後3時10分ごろまでしか飛行できなかった。

 函館地方気象台によると大気の状態が不安定で、厚沢部町に雷と濃霧注意報、函館市と北斗市には強風注意報も発令されていた。

 同型機は北部方面隊の1機を含め全国に8機配備。災害時の被害確認や急患輸送に使用されている。

このニュースの写真

  • 陸自機が連絡途絶える 函館空港西方 4人搭乗、急患輸送で出動中
  • 陸自機が連絡途絶える 函館空港西方 4人搭乗、急患輸送で出動中
  • 陸自機が連絡途絶える 函館空港西方 4人搭乗、急患輸送で出動中

「ニュース」のランキング