産経ニュース

【埼玉3歳女児死亡】「食事を週5回抜いた」「胸倉つかんで風呂場へ」…犯行時のやりとり赤裸々に 地裁公判

ニュース 社会

記事詳細

更新

【埼玉3歳女児死亡】
「食事を週5回抜いた」「胸倉つかんで風呂場へ」…犯行時のやりとり赤裸々に 地裁公判

藤本彩香被告と長女、大河原優樹被告、羽月ちゃん(右から)=LINEから(一部画像を処理しています) 藤本彩香被告と長女、大河原優樹被告、羽月ちゃん(右から)=LINEから(一部画像を処理しています)

 埼玉県狭山市のマンションで昨年1月、藤本羽月(はづき)ちゃん=当時(3)=が顔にやけどを負って死亡しているのが見つかった事件で、保護責任者遺棄致死や傷害などの罪に問われた無職、大河原優樹被告(26)の裁判員裁判の公判が12日、さいたま地裁(高山光明裁判長)で開かれた。公判では、大河原被告が「食事を週5回抜いた」などと羽月ちゃんへの虐待の様子を明らかにした。やけどを負わせた後、大河原被告の内縁の妻で羽月ちゃんの母親だった藤本彩香被告(24)=保護責任者遺棄致死罪などで起訴=が「(病院に)連れてったら虐待してることバレるじゃん」などと話し、犯行を隠蔽しようとしていたやりとりもつまびらかにされた。

エスカレートした“食事制限”

 被告人質問では、弁護側の質問に対し、大河原被告が羽月ちゃんの“食事制限”について「子供用のお茶碗で半分。おかずも少なくした」と答えた。

 藤本被告が以前から食事制限をしていたが、一昨年9月ごろから「これからもっと減らす」「言うこと聞かないと減らす」と言い出したという。食事を抜くこともあり、初めは週2回抜いていたが、エスカレートし、「多いときで5回」になった。羽月ちゃんの死因は、栄養失調による免疫力低下だった。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「食事を週5回抜いた」「胸倉つかんで風呂場へ」…犯行時のやりとり赤裸々に 地裁公判
  • 「食事を週5回抜いた」「胸倉つかんで風呂場へ」…犯行時のやりとり赤裸々に 地裁公判

関連ニュース

「ニュース」のランキング