産経ニュース

税情報漏えいの疑いで本別町の元職員逮捕 道警

ニュース 社会

記事詳細

更新


税情報漏えいの疑いで本別町の元職員逮捕 道警

 北海道警は11日、本別町内の牧場の固定資産税に関する情報を知人に漏らしたとして、地方税法違反(秘密漏えい)の疑いで、元町職員の本寺一彦容疑者(60)=本別町仙美里=を逮捕した。

 また、この情報を基に虚偽の登記をして、牧場を所有する会社を乗っ取ったとして、有印私文書偽造・同行使などの疑いで、知人の農場作業員、佐藤隆夫容疑者(66)=本別町北8丁目=を逮捕した。

 捜査関係者によると、本寺容疑者は町役場で税務を担当していた2014年5月ごろ、固定資産税が長年支払われていない牧場があることを佐藤容疑者に漏えいした疑いが持たれている。佐藤容疑者は、牧場を所有する会社が休眠状態だったことから、自らを会社の取締役とする役員変更届を法務局に提出し、虚偽の登記をした疑いという。

 本別町などによると、本寺容疑者は徴収した住民税約12万円を町に納めていなかったとして15年2月に戒告処分を受け、翌3月に退職した。

「ニュース」のランキング