産経ニュース

【埼玉3歳女児死亡】「やけどさせたのは内縁の妻」大河原被告が初公判で起訴内容を一部否認

ニュース 社会

記事詳細

更新

【埼玉3歳女児死亡】
「やけどさせたのは内縁の妻」大河原被告が初公判で起訴内容を一部否認

 埼玉県狭山市のマンションで昨年1月、藤本羽月(はづき)ちゃん=当時(3)=が顔にやけどを負って死亡しているのが見つかった事件で、保護責任者遺棄致死や傷害などの罪に問われた無職、大河原優樹被告(26)の初公判が11日、さいたま地裁(高山光明裁判長)で開かれた。大河原被告は罪状認否で「やけどを負わせたのは(内縁の妻だった)藤本彩香である」と傷害罪を否認し、ほかの起訴内容については認めた。

 大河原被告の弁護側は「(内縁の妻だった)藤本彩香被告が虐待を指示していた」と主張。大河原被告が羽月ちゃんの母、藤本彩香被告(24)=保護責任者遺棄致死罪などで起訴=に虐待を止めるよう提案したが、藤本被告から「(羽月ちゃんの)父親ではないのだから口出ししないで」と言われたとも指摘。虐待は藤本被告が主導していたとした。

 冒頭陳述などによると、大河原被告は昨年1月2日夕、自宅浴室で羽月ちゃんの後頭部を手で押さえつけ、顔にシャワーの高温の湯をかけ3週間のやけどを負わせた。その後、藤本被告と共謀して治療を受けさせず放置した上、同8日夜、浴室で全裸の羽月ちゃんに冷水をかけ同9日未明まで放置し、敗血症で死亡させたなどとしている。

「ニュース」のランキング