産経ニュース

【首都圏連続不審死事件】木嶋佳苗被告の死刑が確定 最高裁が申し立て棄却

ニュース 社会

記事詳細

更新

【首都圏連続不審死事件】
木嶋佳苗被告の死刑が確定 最高裁が申し立て棄却

 首都圏連続不審死事件で交際していた男性3人への殺人罪などに問われ、1、2審で死刑とされた木嶋(現姓・土井)佳苗被告(42)について、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は、上告棄却の判決に対する被告の訂正申し立てを棄却する決定をした。決定は9日付。木嶋被告の死刑が確定した。

 被告の関与を示す直接証拠はなく、弁護側は「3人は自殺などの可能性があり、殺害されたとしても被告が犯人という立証は不十分」として、殺人罪について無罪を主張していた。

 同小法廷は4月14日の判決で、被害者の死亡時刻と近い時間に現場にいたこと、現場に残されていたのと同種の練炭コンロを入手していたことなどから被告を有罪と認定した1、2審判決を是認。「計画的で極めて悪質。死刑はやむを得ない」とした。

 確定判決によると、平成21年1~8月、寺田隆夫さん=当時(53)、安藤建三さん=同(80)、大出嘉之さん=同(41)=を、練炭による一酸化炭素中毒などで殺害するなどした。

関連ニュース

「ニュース」のランキング