産経ニュース

男児の遺体をトイレに遺棄 無職の33歳母親を逮捕 茨城・大洗

ニュース 社会

記事詳細

更新


男児の遺体をトイレに遺棄 無職の33歳母親を逮捕 茨城・大洗

 出産した男児の遺体を自宅のトイレに遺棄したとして、茨城県警水戸署は8日、死体遺棄の容疑で同県大洗町磯浜町の無職、鈴木美香容疑者(33)を逮捕した。容疑を認めている。

 逮捕容疑は今年2月ごろ、自宅のトイレに産んだばかりの男児の遺体を遺棄したとしている。

 同署によると、鈴木容疑者の自宅で作業をしていたトイレのくみ取り業者が同日午後2時ごろ、ポンプが詰まったことを不審に思い調べたところ、男児の遺体を発見。「子供の遺体のようなものがある」と近くの交番に届けた。

 鈴木容疑者は母親(54)と長女(1)の3人暮らし。

 同署は、司法解剖して男児の死因を特定するとともに、遺体を遺棄した経緯などを調べる。

「ニュース」のランキング