産経ニュース

「君が代不起立」で再雇用拒否めぐる訴訟、2審も元教諭側敗訴 分かれる判断 東京高裁

ニュース 社会

記事詳細

更新


「君が代不起立」で再雇用拒否めぐる訴訟、2審も元教諭側敗訴 分かれる判断 東京高裁

 永野裁判長は通達・職務命令について、「国歌を起立して斉唱するのは儀礼的な行為であり、個人の内心の自由を直接的に侵害するものではない」と指摘。「保護者らも参加し、全校を挙げて行う式典は円滑に運営される必要がある」として違法性はないとした。

 さらに再雇用拒否の妥当性についても「再雇用が通例化しているとしても、無条件に再雇用されるわけではなく、選考を経る必要がある」と指摘。その上で、「不起立は式典の出席者に違和感を与え、式典の厳粛さを害す行為で、通達と職務命令は式典の厳粛さを守るためのものだ。公務員は各組織で法令などに基づく決定に従うべきだが、元教諭らは公然と反する行動を取った」と判断。「教諭や非常勤教諭には校長など上司の命令に従う義務がある。職場の秩序や公務の円滑さを守るために、(過去に命令に反する行為をした)元教諭らを再雇用しなかった都教委の判断に、裁量権の逸脱はない」と結論付けた。

 判決後、元教諭側は「不当判決だ」として、上告する意向を示した。

「ニュース」のランキング