産経ニュース

千葉大生集団乱暴で懲役3年 「被害者の人格を無視する態度が顕著」

ニュース 社会

記事詳細

更新


千葉大生集団乱暴で懲役3年 「被害者の人格を無視する態度が顕著」

 千葉大医学部生が飲み会に参加した女性を集団で乱暴した事件で、集団強姦(ごうかん)罪に問われた医学部5年、山田兼輔被告(23)に、千葉地裁は17日、懲役3年(求刑懲役5年)の判決を言い渡した。

 吉村典晃裁判長は判決理由で、医学部5年の吉元将也被告(23)=集団強姦罪で公判中=が女性を乱暴したことに刺激され、自らの意思で犯行に及んだと指摘。「被害者の人格を無視する態度が顕著だ」と非難した。

 判決によると、山田被告は昨年9月20日深夜から21日未明、吉元被告と共謀し千葉市中央区の飲食店で女性を乱暴した。

 事件を巡っては、医学部5年の男性(23)が準強姦罪で、千葉大病院の元研修医の男性(30)が準強制わいせつ罪で、それぞれ執行猶予付きの有罪判決が確定している。

「ニュース」のランキング