産経ニュース

【千葉・9歳女児遺体】「本当にかわいい子だった」アニメやおしゃれ好き 地域の人気者リンさん

ニュース 社会

記事詳細

更新

【千葉・9歳女児遺体】
「本当にかわいい子だった」アニメやおしゃれ好き 地域の人気者リンさん

遺体で見つかったレェ・ティ・ニャット・リンさん=母親とみられるフェイスブックより 遺体で見つかったレェ・ティ・ニャット・リンさん=母親とみられるフェイスブックより

 レェ・ティ・ニャット・リンさんは、歌やアニメが好きな明るい性格で、近隣でも人気の子供だった。

 リンさんは弟と両親の4人暮らし。平成27年12月に川崎市から千葉県松戸市に引っ越してきた。両親によると、リンさんの将来の夢はツアーガイドで「日本の友達にベトナムを紹介したい」と話していたという。

 リンさんと同級生だった女児(9)は「アニメやおしゃれが好きだった。自由帳に人の絵を描いて、服を描き足したり、消して別の服を着せたりする遊びをよくしていた」。

 小学校では週2回、日本語の読み書きの特別授業を受け、習った言葉で担任や友達に熱心に手紙を出していた。自宅の大きなホワイトボードには、漢字と読み仮名がぎっしりと書き込まれていた。

 自宅前では元気よく、水鉄砲で遊んでいた様子も目撃されていた。近隣の女性は「私、リンって言うの」と、日本語ではきはきと自己紹介するリンさんの様子が印象に残っているという。「本当にかわいい子だった。いまだにいなくなったことが信じられない」と語った。

「ニュース」のランキング