産経ニュース

【首都圏連続不審死事件】木嶋佳苗被告「小菅ヒルズ」からブログ 拘置所暮らしに「女心分からんのか」

ニュース 社会

記事詳細

更新

【首都圏連続不審死事件】
木嶋佳苗被告「小菅ヒルズ」からブログ 拘置所暮らしに「女心分からんのか」

 木嶋佳苗被告は、インターネット上のブログで「セレブ生活」を紹介し、法廷でも独自の恋愛観を述べるなど、その言動でも注目を集めた。近年は、支援者を通じて、ブログに日々の拘置所生活の様子をつづっていた。

 1審の被告人質問では「愛人契約」での収入を弁護人に問われ、「収入は月平均150万円です」と返答。裁判員からの質問には「ハイクラスの男性に癒やしや活力を与えるのが自分の仕事」とも述べた。

 25年12月にブログ「木嶋佳苗の拘置所日記」をスタート。東京・小菅にある東京拘置所を「小菅ヒルズ」と呼び、拘置所内の食べ物事情や支援者との交流の様子などを投稿している。

 26年1月には、1審の裁判員裁判や報道に触れ、「私のように、逮捕直後から大々的に報道されてきた事件を、一般市民の裁判員が公正な裁きを下すことは不可能です」とつづった。

 散髪ができず「5カ月も切ってない髪型(原文まま)で好きな人と会うことが恥ずかしい、という女心を分からんのか」(28年9月)と不満を漏らすことも。

 「オスカーワイルドが言うように『女性というものは愛されるためにあるのであって、理解されるためにあるのではない』と思った未決最後のクリスマス」(同年12月)といった心境にも触れている。

 上告審判決前日の投稿は「いつかまたどこかで、お目にかかりましょう」と締めくくられていた。

「ニュース」のランキング