産経ニュース

【栃木スキー場雪崩】無謀な強行判断 歩行訓練が雪崩誘発か

ニュース 社会

記事詳細

更新

【栃木スキー場雪崩】
無謀な強行判断 歩行訓練が雪崩誘発か

スキー場雪崩で負傷し、運ばれる負傷者=27日、栃木県那須町(桐山弘太撮影) スキー場雪崩で負傷し、運ばれる負傷者=27日、栃木県那須町(桐山弘太撮影)

 那須温泉ファミリースキー場は20日に今季の営業を終えており、圧雪車で雪を固めたり、担当者が危険がないか見回ったりする安全対策は取られていなかったとみられる。地元の旅館関係者によると、現場付近では過去にも雪崩が起きたことがあり、危険を避けるためスキー場のリフトの場所が設計し直されたという。

 宇都宮地方気象台によると、那須町では強い低気圧の接近による大雪が警戒され、前日から大雪や雪崩注意報が出されていた。スキー場近くでは午前1時に0センチだった積雪が、午前8時に31センチに。短時間で大量の雪が降り、雪崩が起きやすい条件がそろっていた。

 冬山に詳しい八ケ岳山岳ガイド協会(山梨県)の竹内敬一会長は「表層雪崩を予想し、危険性の低い下方に場所を変える判断をできる人はいなかったのか」と疑問を投げ、「雪崩の危険性がある場所に入ってラッセル訓練を行えば、雪崩を誘発してしまう。別の場所を選ぶという対応ができたはずだ」と話した。

このニュースの写真

  • 無謀な強行判断 歩行訓練が雪崩誘発か
  • 無謀な強行判断 歩行訓練が雪崩誘発か
  • 無謀な強行判断 歩行訓練が雪崩誘発か
  • 無謀な強行判断 歩行訓練が雪崩誘発か

「ニュース」のランキング