産経ニュース

【籠池泰典氏証人喚問】「誠実に答えたが、記憶の不確かさも」籠池氏、証人喚問後に会見

ニュース 社会

記事詳細

更新

【籠池泰典氏証人喚問】
「誠実に答えたが、記憶の不確かさも」籠池氏、証人喚問後に会見

日本外国特派員協会で、安倍昭恵夫人の関係者が同氏あてに出したファックスのコピーを手に会見する籠池泰典氏=23日午後、東京・有楽町(古厩正樹撮影) 日本外国特派員協会で、安倍昭恵夫人の関係者が同氏あてに出したファックスのコピーを手に会見する籠池泰典氏=23日午後、東京・有楽町(古厩正樹撮影)

 森友学園の籠池泰典氏は23日、国会での証人喚問終了後、東京都内の日本外国特派員協会で会見し、「できるだけ誠実にお答えしたが、記憶の不確かさもあった」と感想を述べた。

 籠池氏は冒頭、一連の騒動について「大阪の片田舎である豊中の一小学校の事柄について、全国のマスコミが追いかけてくる事件となってしまった」とここでも恨み節を並べ、「訳の分からんことが起こっている」と述べた。

 籠池氏が証言した安倍晋三首相側からの寄付を首相側が否定したことに対しては「嘘はいけない。本来安倍首相が好きなんです。非常に胸が痛い」と改めて“真実”だと強調した。

 喚問で、籠池氏は土地取引に際して昭恵首相夫人に協力を求めたが、夫人付きの政府職員を通じて断られたことも証言。この点について、会見では回答を受けた際のファクスを示し「これが大きく物事が進み始めた重要なポイント」だと述べた。

 籠池氏が小学校設置準備がスムーズに進んでいったことの例えとして喚問で「神風」という言葉を使ったことに対し、外国人記者から質問が及ぶと、「非常に瞬間風速の速い神風が吹きました。ところが同じくらいスピードのある逆風が吹いた」と会場の笑いを誘う余裕も見せた。

 土地取引に関する刑事事件化については「自分で言うのは辛いが、考えていない」とし、「安く土地を買ったといわれるが、それは国が決めたことだ」と強気の姿勢を崩さなかった。

「ニュース」のランキング