産経ニュース

予定価格漏洩、27年度でも 都担当者、小笠原村での工事めぐり

ニュース 社会

記事詳細

更新


予定価格漏洩、27年度でも 都担当者、小笠原村での工事めぐり

 東京都は16日、小笠原村での平成27年度の農業施設保全工事の契約をめぐり、予定価格の一部を工事担当者が業者側に情報提供していたと発表した。金品の授受はないという。昨年3月に小笠原支庁が把握していたが庁内での厳重注意にとどめ、都総務局に問題を伝えていなかったという。

 同村での29年度の都営住宅補修工事契約で同様の問題が発覚したことを受け、27、28年度までさかのぼり、同村以外も含め全ての工事を点検。都総務局は「情報漏洩(ろうえい)はもちろん、問題発覚を報告していなかった小笠原支庁の姿勢も問題。監察手続きも踏まえ厳正に対処する」とした。

 都総務局によると、昨年2月、小笠原村に営業所がある建設会社が、同支庁に工事の見積書を提出。予定価格と見積もりが複数箇所で不自然に一致していたため同支庁が確認したところ、工事担当者が192項目の漏洩を認めた。しかし、同支庁は都総務局への報告を怠ったという。

「ニュース」のランキング