産経ニュース

「フランク三浦」の勝訴確定 本家の商標権侵害せず「混同されると考えられない」

ニュース 社会

記事詳細

更新


「フランク三浦」の勝訴確定 本家の商標権侵害せず「混同されると考えられない」

「フランク三浦」の時計(同社ホームページから) 「フランク三浦」の時計(同社ホームページから)

 スイスの高級腕時計「フランク・ミュラー」を連想させる「フランク三浦」のロゴが、商標権を侵害するかどうかが争われた訴訟は、三浦側の勝訴が確定した。最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)が2日付で、ミュラー側の上告を退ける決定をした。

 確定判決によると、平成24年、大阪市の会社が「フランク三浦」を商標登録し、4000~6000円の価格で外観の似た時計を販売。特許庁は27年9月に「全体の語感が似ており紛らわしい」として登録無効の審決をし、三浦側がその取り消しを求めて提訴した。

 訴訟でミュラー側は「トップブランドの名声にただ乗りし、イメージが損なわれる」と主張したが、昨年4月の知財高裁判決は「多くが100万円を超える高級腕時計と、低価格の時計が混同されるとは到底考えられない」と退け、三浦側の請求を認めて審決を取り消した。

このニュースの写真

  • 「フランク三浦」の勝訴確定 本家の商標権侵害せず「混同されると考えられない」

「ニュース」のランキング