産経ニュース

【研修医ら集団暴行】暴行目的の飲み会で男たちは酒瓶に水 上西被告、準強姦未遂認める

ニュース 社会

記事詳細

更新

【研修医ら集団暴行】
暴行目的の飲み会で男たちは酒瓶に水 上西被告、準強姦未遂認める

 研修医らが酒に酔った女性に暴行したとされる事件で、準強姦(ごうかん)などの罪に問われた船橋中央病院(千葉県船橋市)の研修医、上西崇被告(32)=同市海神=の第2回公判が3日、さいたま地裁(高山光明裁判長)であり、追起訴された同未遂罪について「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 起訴状などによると、昨年8月、上西被告が契約していた東京都大田区のマンションの一室で、20代女性に酒を飲ませて暴行しようとしたとしている。

 公判では、上西被告らは飲み会で「罰ゲーム」と称して女性には多量の酒を飲ませ、男性側は酒瓶に入れた水を飲んでいたことが明らかになった。飲み会中に仲間内で交わしたとみられる無料通信アプリ「LINE」(ライン)のメッセージでは、1人の女性を酔わせてから「次は別の女性を出来上がらせよう」などとやり取りしていたことも分かった。

 県警は2月、上西被告のほか、東京慈恵医科大学付属病院の研修医、松岡芳春被告(31)=東京都港区西麻布、準強姦罪で起訴=と、東邦大学学生、柁原龍佑容疑者(25)=東京都大田区=を逮捕している。

「ニュース」のランキング