産経ニュース

佐川身代わり8営業所でも 運転手らを書類送検へ

ニュース 社会

記事詳細

更新


佐川身代わり8営業所でも 運転手らを書類送検へ

 宅配便大手「佐川急便」東京営業所(江東区)の運転手が駐車違反を隠すため知人らを身代わり出頭させていた事件で、都内のほかの8営業所でも身代わり出頭が横行していたことが2日、関係者への取材で分かった。警視庁は3日にも、犯人隠避教唆容疑などで、運転手ら関係する約20人を書類送検する方針。

 関係者によると、身代わり出頭が確認されたのは、城南(品川区)、城北(板橋区)などの8営業所。運転手やその家族らが関与しており、運転手が業務中に駐車違反で反則切符を切られた際、家族らを警察署に身代わり出頭させた疑いが持たれている。

 東京営業所の不正発覚に伴い、ほかの営業所も調べたところ、違反が見つかった。

 警視庁はこれまでに、東京営業所で身代わりを繰り返していた係長ら6人を逮捕するなど、男女62人を摘発。8営業所の関係者の送検で、事件の一連の捜査を終結する。

 佐川急便では違反の取り締まりを受けると運転業務をしない「下車勤」となることが通例で、宅配業務に支障が出ることなどから身代わり出頭が横行していたとみられる。

「ニュース」のランキング