産経ニュース

調布89歳男性殺害、強殺容疑で23歳の孫を逮捕 「別にどうでもいい」と供述

ニュース 社会

記事詳細

更新


調布89歳男性殺害、強殺容疑で23歳の孫を逮捕 「別にどうでもいい」と供述

山本裕也容疑者(ツイッターから) 山本裕也容疑者(ツイッターから)

 東京都調布市国領町の都営アパート一室で住人の無職、山本一夫さん(89)が殺害された事件で、警視庁調布署捜査本部は27日、強盗殺人の容疑で、山本さんの孫で調布市緑ケ丘の建築会社社員、裕也容疑者(23)を逮捕した。「知らない。別にどうでもいい」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は15日夜、山本さん宅のベッドの上で、山本さんの顔や頭をはさみで複数回突き刺すなどして殺害し、部屋にあった現金を奪ったとしている。

 周辺の防犯カメラの画像などから浮上。裕也容疑者の自宅から、犯行時に着用していたとみられる血のついたジャンパーが見つかり、鑑定した結果、山本さんのDNA型と一致した。

 事件は16日午前11時半ごろ、ホームヘルパーの女性が部屋を訪れて発覚。部屋から現金の入った財布がなくなっていた。

「ニュース」のランキング