産経ニュース

校内襲撃の高2男子、殺人未遂容疑で送検 「殺意」あいまいな供述 福島県警

ニュース 社会

記事詳細

更新


校内襲撃の高2男子、殺人未遂容疑で送検 「殺意」あいまいな供述 福島県警

 福島県南部の県立高校で2年の男子生徒(17)が男性職員を金づちや包丁で襲った事件で、県警は26日、殺人未遂の疑いで生徒を送検した。県警によると、生徒は逮捕時「殺意はなかった」と話したが、その後、あいまいな供述をしているという。

 県警などによると、襲われたのは40代の男性司書。男子生徒は24日午前8時50分ごろ、校舎2階の図書室に1人でいた司書の背後から金づちで頭部を数回殴った後、1階へ向かった。追いかけた司書ともみ合いになった際、包丁を取り出して顔面を数回切りつけた。

 司書は救急搬送されたが命に別条はなかった。包丁と金づちは生徒が持ち込んだとみられる。逮捕前の調べに「誰かを襲ってみたかった」と話していた。もみ合いになった際、生徒も両手に切り傷を負った。

「ニュース」のランキング