産経ニュース

【衝撃事件の核心】「餃子の王将」射殺と同じ殺傷力の拳銃がオークションサイトで売買されるネットの闇 暴力団転売で銃汚染社会?

ニュース 社会

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「餃子の王将」射殺と同じ殺傷力の拳銃がオークションサイトで売買されるネットの闇 暴力団転売で銃汚染社会?

警視庁が押収した真正拳銃。左上がペンシル型拳銃(安里洋輔撮影) 警視庁が押収した真正拳銃。左上がペンシル型拳銃(安里洋輔撮影)

 警察庁によると、18年の拳銃押収量は458丁で、うち44・5%の204丁が暴力団から押収したものだった。27年の押収量は383丁で、このうち暴力団から押収した拳銃は63丁、全体の16・4%に留まった。

 増加しているのは「暴力団以外の関係先」からの押収で、18年に254丁(55・5%)だったのが、27年には320丁(83・6%)に増えた。銃の押収先が民間にシフトしていることが如実に伺える。

 捜査関係者は「暴力団が敵対組織の抗争のために用意するなど、これまで限定的だった拳銃の流通先が多用化してきている。ネットの影響などによりマーケットが一般人にも広がりつつあるようだ」と危機感を募らせている。

このニュースの写真

  • 「餃子の王将」射殺と同じ殺傷力の拳銃がオークションサイトで売買されるネットの闇 暴力団転売で銃汚染社会?

関連トピックス

「ニュース」のランキング