産経ニュース

【衝撃事件の核心】「餃子の王将」射殺と同じ殺傷力の拳銃がオークションサイトで売買されるネットの闇 暴力団転売で銃汚染社会?

ニュース 社会

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
「餃子の王将」射殺と同じ殺傷力の拳銃がオークションサイトで売買されるネットの闇 暴力団転売で銃汚染社会?

警視庁が押収した真正拳銃。左上がペンシル型拳銃(安里洋輔撮影) 警視庁が押収した真正拳銃。左上がペンシル型拳銃(安里洋輔撮影)

 さらに、大手動画投稿サイトでは殺傷能力のある改造銃の製造手順を公開する動画までもが確認できる。

 関係者によると、オークションサイトでは殺傷能力のある拳銃が隠語を使ってやり取りされるケースもあり、「神戸市の男がペンシル型拳銃を入手した取引でも隠語が使われていた」(警視庁幹部)という。

 ネットで売買される違法な銃器の中でも特に目立つのが、警視庁が摘発したペンシル型拳銃だという。

銃の流通先が多様化 背景には暴力団情勢の変化?

 これまで縁遠かった銃犯罪が身近なものになりつつあることを象徴するかのような2つの拳銃大量押収事件。銃犯罪を取り巻く情勢の変化の背景には、これまで銃犯罪の“主役”だった暴力団側の事情も関係しているようだ。

 ある暴力団関係者は、「抗争には拳銃がつきものだが、今は所持で逮捕されただけで厳しい懲役が科される。拳銃は持っているだけでリスクだ。だから処理に困って拳銃を転売する組員も少なくない」と証言する。暴力団排除条例などの影響で暴力団の構成員が減少する一方、国内での拳銃の流通量に大きな変動はないとされる。

 「組員の数よりも拳銃の数のほうが上回っている。だぶついた拳銃の一部が一般市民に出回っていてもおかしくない」(先の暴力団関係者)。

 データもその事実を裏付けている。

続きを読む

このニュースの写真

  • 「餃子の王将」射殺と同じ殺傷力の拳銃がオークションサイトで売買されるネットの闇 暴力団転売で銃汚染社会?

関連トピックス

「ニュース」のランキング