産経ニュース

「おはらい」と称して1歳女児に暴行か 傷害致死容疑で63歳女逮捕 群馬県警

ニュース 社会

記事詳細

更新


「おはらい」と称して1歳女児に暴行か 傷害致死容疑で63歳女逮捕 群馬県警

 平成23年に当時1歳4カ月の女児に暴行し死なせたとして、群馬県警捜査1課などは23日、傷害致死の疑いで前橋市駒形町の自称コンサルタント業、北爪順子容疑者(63)を逮捕した。生後間もないころから「おはらい」と称し、度々暴行していたとみて調べている。県警によると、北爪容疑者は「あやしているときに頭などをぶつけたかもしれない」と話し、容疑を否認している。

 逮捕容疑は、23年5月2日午後、自宅で同市西片貝町の城田麻雛弥(ますみ)ちゃんに暴行を加え、6日未明に急性硬膜下血腫で死亡させたとしている。

 県警によると、麻雛弥ちゃんが搬送された病院から「虐待の疑いのある女児を手術中」と通報があった。母親は「転倒した」「転びやすい子だった」などと説明したが、麻雛弥ちゃんの頭や背中から複数のあざが確認されたことなどから、県警は虐待死の可能性があるとみて捜査していた。

 関係者によると、北爪容疑者は「中島順(せい)聖(しょう)」と名乗り、自宅アパートで体の不調を訴えた人の相談を受け、治療目的で体を触るなどして金銭を得ていた。当時、麻雛弥ちゃんの父親(42)と母親(43)は北爪容疑者を「先生」と呼ぶ「信者」だったという。

続きを読む

「ニュース」のランキング