産経ニュース

室蘭線で貨物列車脱線 特急含む約30本運休 JR北海道

ニュース 社会

記事詳細

更新


室蘭線で貨物列車脱線 特急含む約30本運休 JR北海道

JR室蘭線で脱線した貨物列車=23日午前11時ごろ、北海道洞爺湖町 JR室蘭線で脱線した貨物列車=23日午前11時ごろ、北海道洞爺湖町

 23日午前4時ごろ、北海道洞爺湖町のJR室蘭線洞爺-有珠間で、隅田川(東京)発札幌貨物ターミナル行き貨物列車(19両編成)の運転士が異常音に気付いて停車した。JR貨物によると、先頭の機関車で、後方の車輪が進行方向右側に10センチほど脱線していた。乗車していたのは運転士1人で、けがはなかった。

 JR北海道によると、約2キロ手前の踏切の線路脇には、脱線によるとみられる損傷があった。運輸安全委員会は、鉄道事故調査官3人を現地に派遣した。

 貨物列車は19両のうち先頭の2両が機関車で、残りが貨車。先頭車両にある左右計12の車輪のうち、後方の左右2輪ずつの計4輪が脱線していた。運転士は約2キロ手前の踏切付近でも異常音に気付いたが、収まったため運行を継続。その後、再び異常音がしたため停車した。

 室蘭線は伊達紋別-長万部の上下線で運転を見合わせ、札幌と函館を結ぶ特急など列車30本が運休した。

このニュースの写真

  • 室蘭線で貨物列車脱線 特急含む約30本運休 JR北海道
  • 室蘭線で貨物列車脱線 特急含む約30本運休 JR北海道

「ニュース」のランキング