産経ニュース

わいせつ映像生配信で1億円…チャットレディー荒稼ぎの丸秘手口とは

ニュース 社会

記事詳細

更新


わいせつ映像生配信で1億円…チャットレディー荒稼ぎの丸秘手口とは

 インターネットでわいせつな映像をナマ配信したとして、警視庁は公然わいせつ容疑で、チャットルーム運営会社社長、岡田かおり容疑者(30)ら女4人と男1人を逮捕した。「チャットレディー」と呼ばれる女には18~39歳の学生や主婦もおり、岡田容疑者自らも“出演”、会社は1億円を荒稼ぎしていた。儲けのカラクリを専門家に聞いた。(夕刊フジ)

 逮捕容疑は昨年9月から11月、東京・六本木や麻布のマンションに設けたチャットルームで、「FC2ライブ」や「DXライブ」といった米国の動画サイトを利用し、裸の女性がわいせつ行為をする動画を不特定多数に向けてネット配信した疑い。

 チャットルーム運営会社「OK」は2015年8月からの1年5カ月で約1億円の収益があり、18~39歳の学生や主婦ら約20人がチャットレディーとして稼働していたとみられる。ユーザーの要望に応じて、全裸になったり性器を映し出すなど過激な配信が横行していた。岡田容疑者自身もチャット配信しており「視聴者とのやりとりが楽しかった」と供述する。

 FC2のエロライブチャットの仕組みについて、著書「エロい副業」(コアマガジン)があるライターの鳥胸インターネット氏はこう解説する。

続きを読む

「ニュース」のランキング