産経ニュース

母親放置で死亡させる 容疑の姉妹を逮捕 警視庁

ニュース 社会

記事詳細

更新


母親放置で死亡させる 容疑の姉妹を逮捕 警視庁

 母親が自力で生活できない状態と知りながら放置して死亡させたとして、警視庁福生署は18日、保護責任者遺棄致死容疑で、いずれも東京都羽村市緑ケ丘の会社員、桜井庸子(35)、妹の朋子(32)の両容疑者を逮捕した。庸子容疑者は「面倒をきちんとみてあげられなかった」と容疑を認め、朋子容疑者は「気持ちの整理がついてから話す」と供述しているという。

 逮捕容疑は平成26年7月6日、自宅で同居していた母親のさよ子さん=当時(64)=を病院に通院させるなど面倒を見ず、低栄養で死亡させたとしている。

 同署によると、さよ子さんは庸子容疑者、朋子容疑者と3人暮らし。さよ子さんは骨粗鬆症(こつそしょうしょう)を患っていたという。同署は詳しい死亡の経緯を調べている。

「ニュース」のランキング